「昭和くんとファミリー アンサンブル公演」のご案内

私たちはご高齢の皆様向けに、トーク&ライブイベントの企画と開催を行っております。私は、日本映画界の巨匠小津安二郎監督の「東京物語」以降の音楽を手掛けた、作曲家斎藤高順(さいとうたかのぶ)※1の次男斎藤民夫と申します。私はイベント企画、トーク・映像を担当いたします。

ファゴット奏者の吉澤博寿(よしざわひろとし)は、戦後より松竹大船撮影所で音楽監督として40年にわたり、3000本以上の映画音楽の指揮者を務めた吉澤博※2の孫です。私たちは親戚(はとこ)の間柄で、他にも私の兄弟や従妹たちにはプロの演奏家が多数おり、ファミリーアンサンブルによる生演奏をお楽しみいただいております。

私たちは小津映画音楽をはじめ、戦後の流行歌や数々の映画音楽、童謡・唱歌などをレパートリーとしており、当時の時代背景や社会情勢などを、写真や映像も交えてわかりやすく解説しながら、生演奏を楽しんでいただくトーク&ライブイベントをご提供させていただきます。担当楽器はファゴットをはじめ、ピアノ、ヴァイオリン、アコーディオンの他、サポートメンバーにはチェロ、コントラバス、ヴィオラ、オーボエ、ホルン、クラリネット、ハープなど、親族を中心に構成する正真正銘のファミリーアンサンブルです。

トーク&ライブイベントは、ご予算に応じて1名から複数名まで柔軟に対応いたします。只今、令和記念キャンペーンを実施しており、お話とファゴット又はヴァイオリン演奏によるお試しイベントを、特別価格にてご提供させていただきます。是非、この機会に「昭和くんとファミリーアンサンブル公演」をご依頼ください。

トーク&ライブイベントに関するお問い合わせは、こちらよりお願い致します。⇒ ♪お問い合わせはコチラ♪ お電話の場合は、留守電(03-3421-7377)に施設名と担当者様のお名前、お電話番号をお知らせください。後ほど、こちらから折り返しご連絡差し上げます。

♪プロフィール紹介♪

斎藤民夫(昭和くん)…コンピュータ関連企業で取扱い説明書やカタログ制作業務に従事、その後某制作会社の取締役を経たのちに独立、一般社団法人サイト&アート・デジタルアーカイブスの代表理事としてトーク&ライブイベントの企画・開催などを行う。作曲家斎藤高順の次男。

吉澤博寿(ヨッちゃん)…ファゴット奏者。音楽事務所勤務を経て、高齢者福祉施設での演奏活動を開始、現在(令和元年)17年目に突入。指揮者吉澤博の孫。



ファミリーアンサンブル…斎藤ファミリーを中心とした演奏家集団。東京芸術大学出身者9名(現役2名含む)はじめ、全員が有名音楽大学出身。元NHK交響楽団、シエナウインドオーケストラほか、音楽教育者、指導者、スタジオミュージシャンなど、幅広い分野で活躍中。



※1 斎藤高順(1924年~2004年)…作曲家。航空自衛隊音楽隊長、警視庁音楽隊長を歴任。小津安二郎作品の他、日活映画、ラジオ・テレビの音楽、吹奏楽・管弦楽・室内楽・歌曲・ピアノ曲など多数の作品を作曲した。妻園子は吉澤博の姪。

※2 吉澤博(1908年~1985年)…指揮者、作曲家。映画・テレビ・CMなどの指揮を3000本以上務めた。また、音楽指導者として黛敏郎、山本直純、小林亜星、武満徹など有名作曲家を数多く育て世に送り出し、日本映画音楽の父と呼ばれた。

高齢者施設イベント体験者の声…「なつかしい音楽を聴いて、遠い昔を思い出しました。」(70代女性)、「やさしい音色で心が癒されました。」(80代男性)、「若いころ聴いた音楽に、思わずハミングしてしまいました。」(80代女性)など、喜びのコメントを多数いただいております。

過去の参加イベント…お茶の水ブックカフェ「エスパス・ビブリオ」、江東区古石場文化センター「江東シネマフェスティバル」、浅草の劇団にんげん座公演、豊川稲荷「中井貴惠音語り」、蓼科高原映画祭「夏の小津会」など、数々のイベントに出演。


一般社団法人サイト&アート・デジタルアーカイブス
〒154-0002 東京都世田谷区下馬1-44-15
♪コチラよりお気軽にお問い合わせ下さい♪